ペニスに違和感?あそこが臭い・おりものが増えた。そんな方は性病かも?

性感染症(STD)カンジダの症状と治療法

性感染症(STD)のカンジダとは、カンジダという真菌(カビ)が性器に感染して生じる感染症です。
カンジダは女性の膣に起きるケースが多く、その場合は「カンジダ膣炎」または、「膣カンジダ症」と呼ばれています。

カンジダ治療薬ネット通販最安値はこちら


カンジダの感染経路

カンジダは、以下のような原因(感染経路)で発生します。
・体調不良、過労、ストレス
・月経前(黄体期)、妊娠中、ピルの服用
・抗生物質の服用
・通気性の悪い下着・衣類の着用による陰部の蒸れ
・性行為による感染

カンジダの真菌は、もともと性器周辺やその他の体表に存在している常在菌で、通常、健康な人体は免疫によって菌の過度の増殖を防いでいます。
ですが、体調の悪化などで免疫力が低下すると、菌が繁殖して日和見感染(ひよりみかんせん)を起こすことがあります。

カンジダは、男性器では起こりにくく、その理由としては男性器は体外に露出していて、通気性がいいので菌が増殖する環境にないからと言われています。
ただし、包茎の人はやや発生率が上がると言われています。包茎の方は不衛生になりがちです。
今では「切らない包茎手術」もありようなので、悩んでいる方はぜひおすすめです。費用も数万円からできるので昔ほど大変なことではなくなりました。

一方、カンジダは女性には非常に多い症状で、性行為をしなくても、性交未経験者でもたまに自発します。


カンジダの症状

カンジダの女性の症状は、強い痒み、白いおりものが多い、臭い等性器の異常を感じることがあります。
カンジタ症は、ビタミン欠乏症による免疫力の低下が原因で引き起こされます。

カンジタ菌そのものは、人の体表や消化管、女性は膣粘膜に普通に生息するものなので、多くの場合は特に何の影響もありません。

ただし、強い痒みや塊状のおりものがある場合や、膣口や陰唇、亀頭などの外陰部が真っ赤に炎症する場合は、治療を行うことが大切です。

男性のカンジダの症状は、痒くなったり痛くなったりしますが、カンジタ性亀頭包皮炎の方が多いようです。


カンジダは何科の病院に行けばいいの?

カンジダに感染しているかを調べるには、病院は何科にいけばいいのかとういうと、男性は泌尿器科・性病科、女性の場合は産婦人科・性病科を受診できます。
普通に治療を行えば短期間で治癒しますが、発生原因となる生活習慣を持っている人は再発を繰り返しやすい傾向にあるので、慢性化する人もいます。


カンジダの治療方法は?

治療としては、バランスのとれた食生活を心がけること。その他には、膣坐薬の挿入、抗真菌薬の軟膏の塗布、膣洗浄などです。

カンジダ治療薬ネット通販最安値はこちら

関連記事

What’ New