ペニスに違和感?あそこが臭い・おりものが増えた。そんな方は性病かも?

性病クラミジアに感染したのか不安という方へ解決法を教えます!

2016.09.07

ここでは、性病の中でも最も感染者が多いといわれているクラミジアに注目して、感染した疑いがある方、または感染した場合の解決方法を紹介していきます。

クラミジアの潜伏期間や検査方法、治療法などについても解説していますので、参考にして頂ければ幸いです。

セックスをして性器に痛みやムズムズ感、痒みがある場合、もしくはセックスをした相手にクラミジアに感染していたことを告げられた場合、あなたはどう対応しますか?

もちろんすぐに病院に行く方もいるでしょう。

クラミジアに感染した場合、病院に行く場合は何科に行きますか?

今までにクラミジアなどの性病に感染したことがない場合、あなたはどこの病院に行けばいいのかわからないのでは?

もし男性がクラミジアの検査を受けたい場合、病院は泌尿器科や性病科がある病院で診察を受けることができます。女性のクラミジアの検査の場合は産婦人科、泌尿器科、性病科のある病院で診察を受けます。女性は産婦人科に行くことがほとんどでしょう。

クラミジアに感染したかどうかではなく、女性はかかりつけの産婦人科を決めて、定期検診をすることも大切です。

クラミジアの潜伏期間は1週間~2週間と言われています。そして感染してから3日くらい経たないとクラミジアの検査はできません。また、あなたがクラミジアに感染していたとしても、痛みや違和感のない、いわゆる無症状の保菌状態の場合もあるので発見が遅れる場合があります。

クラミジアに感染しているかも?と気になる場合は、手遅れになる前にすぐに検査をしましょう。クラミジアに感染するとエイズ感染のリスクが高くなるとも言われています。

性病の診察で病院に行くことに抵抗がある方は、自宅でできるクラミジアの簡易検査キットもありますので、ぜひ利用してみるのもいいでしょう。

自宅でできるクラミジアの検査キット「性病検査 STDチェッカー」公式サイトはこちら

もしあなたがクラミジアに感染している場合、病院での治療に主に抗生物質を処方されて治療を行います。約2週間の服用治療を行って、もう一度病院に行き再検査をして、完全に菌がいないことを確認します。

主にクラミジア感染者のほとんどは20代の若年層と言われています。あなたが20代だったり、20代の相手とセックスをした場合にはクラミジア感染のリスクが上がるということになります。不安な方はまずは検査をしましょう。

検査後、クラミジアに感染していることが判明した場合にはすぐに病院で治療をしましょう。

クラミジアの治療で病院に行くことに抵抗がある方は、ネットで治療薬も購入することができますので、利用してみてはいかがですか?

クラミジアの治療薬の最安値購入方法はこちら

関連記事

What’ New