ペニスに違和感?あそこが臭い・おりものが増えた。そんな方は性病かも?

アソコがかゆい?おりものが多いのは性病?

2016.01.14

コンドームを使わずにセックスをした場合、性病に感染する可能性がかなり高くなります。

感染する性病の種類は様々ですが、クラミジア、淋病、梅毒、カンジダ、エイズなどに感染する可能性があります。

症状は性病の種類によってさまざまですが、エイズ以外の症状は女性の場合は、おりものが多くなったり、痒み、排尿時の痛みなどがあります。

性病の潜伏期間もそれぞれですが、早いもので3日で症状がでることもあります。

もし、あなたが今心当たりがある場合には、すぐに性病検査をしましょう。

性病の治療薬ネット最安値購入はこちら


性病の検査はどんなもの?

性病の種類によっても異なりますが、血液検査や体液を採取して検査する方法があります。

一般的には女性の場合、性病科や産婦人科などで検査ができます。

ただし、一度も性病の検査を受けたことがない方は、病院に行くのは少し抵抗があるかもしれませんね。

ですが、性病に感染している場合は治療をしなければ治る事はありません。

そのためには、性病に感染しているのか、またどんな性病に感染しているのかを把握する必要があります。

そして、きちんとした治療を行いましょう。

性病の薬をネットで買いたい人はこちら


性病の検査は病院以外では出来ないの?

一般的には病院で検査を行いますが、病院以外でも検査をすることが出来ます。

エイズ検査は保健所などでできます。

感染者が最も多いと言われているクラミジアや淋病、そして梅毒やカンジダなどは自宅でも検査をすることができます。

それは自宅でできる性病の簡易検査キットです。

自宅ですぐに検査結果がわかる性病検査きっとはこちら


簡易検査キットで本当に性病はわかる?

自宅で出来る検査キットはすぐにその場で結果が出るものと、検査機関に送って調べるキットがあります。

一番確実なのは、検査機関に郵送して調べるタイプが確実でしょう。
医療機関と同じで検査をするので、信頼性は保障されています。
匿名で行えますし、ネットで結果も見れるのでプライバシーには配慮されているので安心できます。

その場で検査結果がわかるキットの場合は、自分で行うので手順どおりに

正しく行わないと結果がきちんと出ないことがあります。

3回分入っているので、1回で心配な方は3回やることをお勧めします。

どちらがいいのかはご自身で判断する必要があります。

関連記事

What’ New