ペニスに違和感?あそこが臭い・おりものが増えた。そんな方は性病かも?

性病の治療薬コラム|性感染症の症状と治療 性器ヘルペス・ウイルス肝炎・トリコモナス感染症・毛ジラミ症・尖圭コンジローマ・エイズ編

性器ヘルペス

性器ヘルペスも比較的よくみられる病気です。単純ヘルペス・ウイルスに感染することにより発病します。潜伏期は3日から7日ぐらいです。単純ヘルペス・ウイルスには、Ⅰ型とⅡ型があります。

自然感染の部位はⅠ型では口腔・口唇で、これに対してⅡ型は性行為時の接触によるので、性器です。しかし、最近はオーラルセックスなどが増えたこともあって、Ⅰ型が性器に感染することも多くなっています。

症状としては、潜伏期がすぎると外陰部にかゆみを感じるようになり、次いで痛みが現れます。やがて小さな水疱ができ、それが破裂してただれた状態になり、かなり激しい痛みを伴います。そのために排尿や歩行が困難になることもあります。

この病気は、治ったと思われた後もウイルスが体内に潜伏し、再発をくり返すことがあります。妊娠中の大きな問題は、出産のとき、母体から新生児にヘルペスウイルスが感染することです。

産道で新生児にヘルペスウイルスの感染がおこると、ウイルスが新生児の全身にひろがったり、脳に感染したり、皮膚に症状が出たりします。前二者では死亡率が高くなったり、後遺症を残したりします。

検査方法は、医師が直接肉眼で確認するのが一般的です。もちろん細胞を採取して顕微鏡で調べたり、ウイルス学的検査も行ないます。

治療方法としては、塗り薬と飲み薬を用いますが、重症な場合には点滴静注による治療を行ないます。ただ、ウイルスそのものを完全駆除できないので、抵抗力がなくなった時に再発する可能性があります。


ウイルス肝炎

ウイルス肝炎の主なものは、A型、B型、C型です。
A型は食物により感染するが、欧米では男性同性愛者間での流行が話題となっています。

B型とC型は、感染ルートとして血液感染が主であり、輸血や血液製剤、注射針などのルートがあります。その他にパートナー間の性感染や母子感染があります。ただ、感染者とセックスしても、ウイルスの量が少なければ、感染しないこともあります。

潜伏期間はB型で1~6ヵ月。C型で2~6週間前後。顕著な症状としては、全身のだるさ、食欲不振、吐き気で始まり、黄疸がみられるようになります。

治療に際しては、十分な栄養を取って、安静にすることが大事です。両者とも慢性化することがあり、治療にあたってはよく医師に相談すべきです。

B型肝炎では、妊婦のHB抗原検査は公費で行なわれており、母子感染の予防のためのフローチャートもつくられ、それに従って乳児に対してワクチンが用いられています。


トリコモナス感染症

トリコモナス膣炎は、膣トリコモナス原虫という一種の寄生虫によって引き起こされる病気です。鞭毛が生えた0.1mmぐらいの大きさの原虫で、膣や膀胱の中を泳ぎまわります。

セックスによって、性器にも感染します。また、浴場やプール、トイレの便座などから感染することもあります。
症状としては女性の場合、感染して4日から1ヶ月が過ぎたころから、まずおりものが増えたり、外陰部が刺激的、灼熱感を伴うこともあります。

感染の有無はおりものを調べれば判明します。
治療には内服薬や坐薬を使いますが、症状が消えても完全に原虫が死ぬまで治療を続けなければいけません。治療後の次回月経後に、再検査を受け、原虫の消失を確認する方がよいでしょう。


毛ジラミ症

人間に寄生するシラミには三種類あります。アタマシラミ、ケジラミ、それにコロモシラミです。あたまシラミは頭髪に、コロモシラミは下着に寄生します。性感染症をおこすのは、ケジラミです。

ケジラミは主として陰毛の根本に卵を産み、毛と毛が接触するだけで伝染します。症状としては激しいかゆみで特徴づけられます。

治療方法としては、フェートリンパウダーや薬用シャンプーを使いますが、一定期間くり返さなければならない(3~4日毎に3~4回)。


尖圭コンジローマ

ヒト・パピローマ・ウイルスのある種の型(6型・11型)によって引き起こされる病気です。潜伏期間は3週間から8ヵ月(平均3ヵ月)とかなり長いです。

症状は女性の場合、外陰部や肛門の周辺に小さな硬い腫瘤として生ずる小さなイボができます。男性の場合は亀頭や肛門の周りにそれができます。小さなイボ上の腫瘤はどんどん成長してカリフラワーや鶏のとさかのようになることもあります。

検査方法としては、レーザーで焼き切るのが一般的です。
尖圭コンジローマは良性の病変であるが、ヒト・パピローマ・ウイルスのある型(16、18、31、33、35、39、45、51、52、56、58、59、68型など)の感染では、長い潜伏期間を経て、悪性に変化して子宮頸癌や陰茎癌の原因になることもあるので、注意しなければいけません。


エイズ

エイズ(AIDS-Acquired Immunodeficiency Syndrome)とは後天性免疫不全症候群のことで、現在、最も恐れられている性感染症です。

免疫力がはたらなかくなる病気で、発病すると細菌、真菌、原虫やウイルスなどが体内で暴れ放題になります。

潜伏期間は非常に長くて、数年から十数年におよび、発病前の状態は、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染とよばれ、日常生活に支障はありません。特に性感染症にかかった状態でのセックスは感染のリスクを高めます。

かつてエイズは同性愛者や薬物の回し打ちの病気というふうに考えられていたが、現在では男女間のセックスで感染するケースの方が多い。

HIVに感染して2週間ぐらいが過ぎると、発熱やのどの晴れなど、風邪によく似た症状が現れます。しかし、しばらくするとこれらの症状は完全に消えてしまう。

それ以降、エイズを発病するまではなんの自覚症状もありません。女性の感染者では膣の潰瘍やカンジタ膣炎が治りにくくなる、ともいわれています。

発病後の症状は、種々の感染症で特徴づけられます。免疫機能が極度に低下する結果、カンジタ症、結核症などがあります。癌を発病することもある。

検査の方法としては、血液検査が有効です。地方自治体が管轄する保健所などでは無料で実施されています。もちろん検査の際、個人情報は保護される仕組みになっていますよ。

しかし、感染してから3ヵ月の間は陽性反応がでないので注意する必要があります。採決された血液がHIVに汚染されていたにもかかわらず、感染から3ヵ月が過ぎていなかったために検査で陽性反応が出ず、輸血により感染がおこった事例が過去にあります。

残念ながらエイズの決定的な治療方法はまだ開発されていません。HIV感染に自然治癒はありません。ただ、HIV感染の段階でエイズの発病を抑える優れた薬が開発されたので、専門的は医療機関で適切な処置を受けた場合、エイズの発病率そのものは低くおさえることができます。

しかし、長期にわたるわずらわしい慢性疾患としての対策が必要です。HIV感染症では、ふつうの社会生活や家庭生活に支障はなく、感染経路としてセックスが極めて重要です。

安全な性行動についての十分な教育と自覚が必要ですね。

米国の全米疾病コントロールセンターのコンドームに関するメッセージ(2003年)によれば、HIVについては「毎回かつ正確に」コンドームを使用する限り、予防効果は非常に高いとされています。

関連記事

What’ New