ペニスに違和感?あそこが臭い・おりものが増えた。そんな方は性病かも?

性病の治療薬コラム|性感染症の症状と治療 性器クラミジア感染症・淋菌感染症・梅毒編

性感染症(STD:Sexually Transmitted Diseases)は、性行為を通じて伝染する病気のことですが、この中にはエイズやB型肝炎のようにセックスだけではなく、輸血などを通じて伝染するものもあります。

また、梅毒をはじめ、多く母子感染する病気も。
代表的な性感染症としては、性器クラミジア感染症、トリコモナス膣炎、尖圭コンジローム、性器ヘルペスウイルス感染症、淋菌感染症、梅毒、B型およびC型肝炎、後天性免疫不全症候群(エイズ)、毛ジラミ症などがあります。

男女ともに感染しますが、女性の方がより感染しやすいという特徴があります。また、病気によっては顕著な症状が現れずに、気付かないうちに病気が慢性化してしまうことも。

予防方法として、オーラルセックスを含めて、性交の際にコンドームを粘膜接触の最初から正しく使うことなどが重要です。射精の時だけコンドームを使用しても効果はありません。

性感染症と診断されたならば、パートナーも感染している可能性が高いので、パートナーとともに医療機関で治療を受けるのが基本です。どちらか一方だけが治療しても、ピンポン感染を繰り返すので効果がありません。

以下、個々の性感染症について症状や治療法を手短に解説!


性器クラミジア感染症

女性のクラミジア感染症は性感染症の中で、最も感染者が多い病気。クラミジア・トラコマティスという微生物が原因で、感染は子宮頚管から上行性に子宮、卵管を通って腹腔内に侵入します。

潜伏期間は1~2週間で、最初の感染は子宮頚管炎ではじまるが、自覚症状がほとんどないことが多く、たとえ症状が現れても、少しおりものが増える程度であったり、下腹に軽度の痛みがある程度で、特に苦痛を催すよなものではないことが多い。

卵管炎、骨盤腹膜炎をおこすと、下腹痛、性交痛が出ます。ときに激症痛として下腹痛、右季肋部痛がおこり、救急搬送されることがあります。

一方、症状がなくても、病気は水面下で着実に進行していき、放置していると子宮頚管、子宮内膜、卵管などが次々と炎症をおこして不妊症の原因になります。

また、妊娠中には絨毛羊膜炎をおこし、流早産の原因となったり、分娩時に胎児が産道感染すると、新生児結膜炎や新生児肺炎になることもあります。

男性の場合は、潜伏期(1~3週間)がすぎると、尿道の不快感が出たり、排尿痛になったりする。尿道から分泌物が出ることもあります。放置しておくと、炎症が尿道から精巣上体、前立腺へ進む。精子の通過障害がおこると、不妊の原因となります。

男女ともにオーラルセックスにより、咽頭炎や扁桃炎を誘発することもあります。のどが腫れるなどカゼの症状とよく似ているので、放置してしまうこともあります。カゼで来院して、実はのどがクラミジアに侵されていたケースもときどきあります。

検査方法としては、分泌物や尿の病原体検査と血液検査があります。陰性か陽性かは簡単に判明します。
幸いに最近、クラミジアに非常に有効な薬が開発され、一回の薬の服用ですみ、一週間か10日ぐらいセックスを控えれば完治します。

この薬が開発される前は、最低でも1~2週間は投薬を続ける必要がありました。
ただ、症状が慢性化してしまい、卵管などが癒着してしまった場合は、治療に時間がかかることがあります。

クラミジアの検査キットはこちら

クラミジアの治療薬はこちら


淋菌感染症

淋菌感染症の症状は、性器クラミジア感染症によく似ています。
クラミジアと同様に女性の場合は、顕著な症状が現れないことが多く、気付かないうちに慢性化してしまうケースもあります。

症状が出る場合は、感染から数日後におりものが増えたりします。炎症が進行する順番もクラミジアとよく似ていて、頸管から子宮内膜、さらに卵管へと進んでいく、子宮内膜症、卵管炎、骨盤内へと炎症がすすむと、発熱し、下腹痛を自覚します。卵管などの癒着が生じた場合、やはり不妊症の原因になる。

分娩の際に母体が淋菌に感染していると、新生児が結膜炎をおこします。

男性の場合は、症状が出やすく数日の潜伏期が過ぎると、尿道から黄色いウミが出たり、排尿痛に悩まされたりします。放置すると病気が進み、淋菌性前立腺炎や淋菌性精巣上体炎をおこして、不妊症の原因となることがあります。

また、淋菌は口腔性交により、咽頭炎をおこしたり、肛門性交により肛門直腸炎をおこしたりします。男性の尿道炎の原因では、膣性交と口腔性交を比較すると、淋菌感染は口腔を介するほうが、クラジミア感染では膣性交を介する方が多い傾向があります。

治療としては、淋菌は薬剤耐性を獲得しやすいため、医師の指示に従うべきです。

淋病の検査キットはこちら

淋病の治療薬はこちら


梅毒

梅毒はトレポネーマ・パリズムという病原体によって引き起こされます。セックスで感染するだけではなく、母体が梅毒に感染していれば、胎盤を通じて胎児にも感染します。

感染力もかなり強く、古くからある病気で、放置すると子孫にも深刻な影響を及ぼします。梅毒は病気の進行によってⅠ期からⅣ期までのステージに分類されます。

Ⅰ期の症状は、2週間から3週間の潜伏期が過ぎた後に現れます。女性の場合は外陰に、男性の場合はペニスに大豆ぐらいの大きさの硬い痛みのないしこりができます。

感染後6週間たつと、鼠径リンパ節が無痛性に腫れます。やがてしこりはくずれて硬性下疳(こうせいげかん)と呼ばれる痛みのない潰瘍になります。

オーラルセックスによるものでは、病巣が数個のものや口唇など陰部外下疳といわれるものもありますが、それもまもなく消え、病気だけが潜伏していきます。

ちなみにⅠ期の症状には気付かないこともあります。

Ⅱ期は感染から9週、長ければ3年ぐらの間に症状が現れます。リンパ節の腫れ、発熱、頭痛、倦怠感などの症状に加えて、全身に梅毒特有の赤い皮疹(バラ疹)が現れます。

かゆみがないのが梅毒の特徴である。しばらくすると皮疹は消えるが、その後何度が再発と消滅を繰り返します。そして最後には、陰部、口、乳房など特定の場所だけに皮疹が現れるようになります。

肛門や女性の外陰の丘疹がやわらかく白くなり、ビランをつくったところには、トレポネーマが豊富に存在します。

Ⅲ期は感染から3年を経過したころから始まります。ゴム腫とよばれるしこりができます。
Ⅳ期は感染から10年が過ぎたころからの時期です。このステージになると内臓、心臓血管系、中枢神経なども冒されます。脳が冒され認知症の症状が現れたり、大血管が冒され大動脈瘤ができたりします。

検査の方法は血液検査であるが、感染から4~5週間が過ぎなければ、陽性反応はでません。
HIV感染者が梅毒に感染すると、潜伏期が短くなり、Ⅰ期からⅢ期まで数ヶ月で進行する。また、重篤化し、速やかに進んで神経梅毒になります。

エイズ感染者は梅毒にかかっていても、梅毒反応が陰性と出ることが多い。
治療方法としては、ペニシリンなどの抗生物質が使われます。梅毒は早期に発見すれば簡単に治せますが、進行すると治療にも手間取ります。

梅毒の検査キットはこちら

梅毒の治療薬はこちら

関連記事

What’ New