ペニスに違和感?あそこが臭い・おりものが増えた。そんな方は性病かも?

性病(STD)の潜伏期間と検査が可能な日の目安一覧まとめ

性感染症(性病=STD)に感染したとしても、個人差はありますが症状が出るまでの潜伏期間があります。日を追うごとに性病に応じた症状が出てきます。

でも、性病に感染したとしても自覚症状が全くない人もいます。無症状になるかもしれない主な性病はクラミジアや淋病などです。

自覚症状がでないと性病に感染したことに気がつかないので、身近な人のまわりで感染が広がる可能性もあります。性病はきちんと治療をしなければ治りませんから、自然治癒はまずしません。進行すると不妊症などにもなりますので、症状がなくても定期的に性病の検査をすることをおすすめします。

性病の菌の潜伏期間は、性病の種類や個人の体質などによって変化します。自覚症状がでない性病もありますので、下記はあくまでも目安として参考にしてください。

性病(性感染症:STD) 潜伏期間 性病検査可能日の目安
クラミジア(性器クラミジア感染症) 1週間~2週間 感染した日から3日
淋病(りんびょう) 2日~7日間 感染した日から3日
梅毒(ばいどく) 3週間~3ヶ月 感染した日から1ヶ月後
トリコモナス 3日~10日前後 感染した日
性器カンジダ症 2日~7日間 感染した日から3日
HIV(ヒト免疫不全ウイルス) 1年~10年 感染した日から3ヶ月後
HIV(ヒト免疫不全ウイルス) 1年~10年 感染した日から3ヶ月後
尖圭コンジローマ 3週間~6ヶ月 症状が出てから
性器ヘルペス 2日~10日間 症状が出てから
B型肝炎 1~2ヶ月 症状が出てから
毛じらみ 1ヶ月~2ヶ月 無症状でもケジラミを発見できれば検査可能

セックスや、それに似た行為(ディープキスやフェラチオ、クンニリングス)後、上記の日数が過ぎると、性病の検査が可能になります。気になる方は、病院で検査をするか、病院に行けない方は簡易検査キットで調べるようにしましょう!

自宅でできる性病の簡易検査キットはこちら

関連記事

What’ New