ペニスに違和感?あそこが臭い・おりものが増えた。そんな方は性病かも?

性感染症(STD)クラミジアの症状

クラミジア感染症というのは、クラミジア・トラコマチスが尿路や性器に感染することで起こる性行為感染症 (STD)のことです。

クラミジアはよく耳にする性感染症のひとつです。それだけに感染者が周りにたくさんいるということにもなります。

クラミジア・淋病・梅毒などの治療薬ネット通販はこちら


クラミジアの感染経路

クラミジアにはどうやって感染するのかというと、主に性行為によるものですが、キスやオーラルセックスなどでも粘膜に感染します。男性は咽頭、尿道、女性は膣内に感染します。

パートナーが咽頭感染していると、ディープキスなどの感染率は非常に高くなります。


クラミジアの症状

感染して数週間で発病しますが、個人差はありますが無症状の人もいます。

男性の主な症状は、尿道から膿が出て、痛みを伴うことがあります。

女性主な症状は、おりものの増加や異臭、カユミなどですが、自覚症状はとぼしいといわれているので、気が付かないこともあります。

クラミジアに感染してしまうと、他の性行為感染症やHIVの感染率が非常に高くなります。気になる方は、早めに検査をしましょう!


クラミジアは何科の病院に行けばいいの?

クラミジアに感染したかをを調べたい場合や、治療をしたい場合は、男性は泌尿器科・性病科、女性の場合は産婦人科・性病科で受診できます。咽頭クラミジアの場合は、耳鼻咽喉科です。耳鼻咽喉は小さい病院では設備が不十分の場合がありますので、事前に電話などで問い合わせて行きましょう。


クラミジアの治療方法は?

クラミジアの治療法はどこに感染しても同じで、テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキノロン系の抗生物質・抗菌剤を2週間程度投与する事で治療することができます。

医師の指示通りに服用をして、完治の診断が出されるまで定期的に通院することが大切です。2週間分の薬を飲んで病院に行かない場合は、完全に完治してない可能性もありますので、必ず完治の診断が出るまで自己判断はしないようにしましょう。

クラミジアなどの治療薬ネット通販最安値はこちら


クラミジアその他

クラミジア感染症は、若者の性行為感染症 (STD)の中でも、もっとも感染者が多いと言われている性病のひとつです。10代後半・20代にとても多いと言われています。

口から口への感染も考えられるので、性行為をする場合は100%予防することは難しいのかもしれませんが、不特定多数の人と性行為をすることは、できるだけ控えて、きちんとコンドームなどで避妊することで、クラミジアに感染するリスクを少しでも下げることができます。

過去に性行為を行ったことがある方は、一度はクラミジアの検査をした方が安心ですよ。


関連記事

What’ New